大腸内視鏡検査してきました

昨年末大腸を患って入院したんですが
その経過観察というか念のための検査ということで
今日大腸内視鏡検査を受けてきました。
この気持ちを忘れないようしたためておきます。












とりあえず一言で表すなら拷問でした。


大腸内視鏡検査不安だな…
どのくらい痛いのかな…
って言う人が見に来る可能性があることを考慮すると

「思ってたよりは痛くなかったよ」
「あっという間に終わっちゃいました」

とか書いて不安を紛らわせてあげるのが人の善かもしれませんが

この苦痛を俺だけが味わってなるものか
これから内視鏡検査を受ける奴にも恐怖と同じ苦痛を味わってもらう

という精神の元ありのままを書いていきたいと思います。



1/3から簡単な食事制限がスタート。
繊維質の物やゴマ、海藻を食うなと。
まぁこれはさほど問題ありませんでした。


1/5、朝ご飯はトースト1枚とコップ1杯の水。

昼ご飯は指定されたレトルト飯とコップ2杯の水。
たまご粥とそぼろ煮だったかな?
量はごくわずか、味はまずくはないが決しておいしくもない。


夜ごはんは16:30。
指定されたレトルトビーフシチューとコップ1杯の水。
ビーフシチューは量はさほど多くもなく
味もまずくもないが決しておいしくもない(強調)。

なおこの二食で1200円くらいのセット(自腹)となっております。ボロい商売や…


17:00に一つ目の下剤を飲む。
どんなクソまずい下剤かと思ったらなんとこれがおいしい
濃いポカリというかCCレモンみたいな味。
200~300mlくらいありましたが全然余裕でした。


以降飲食禁止(水のみ可)。


ようやく21時ごろに便通が。
風呂の時間とかぶったので危うし。

寝る前に水200mlを飲んで寝る。



1/6朝(今日)。
朝飯はなし。コップ一杯の水のみ。


8:30より二つ目の下剤の摂取開始。


これがマジでクソまずい。

モビプレップという下剤兼腸管洗浄液。
とろみのあるにがずっぱい梅ジュースとでもいえばいいか。
これを最低でも1リットル、最大2リットル飲む。

塩分が多いためか、飲んだ量の半分の水も飲まなくてはならない。
すなわち2時間くらいかけて1.5~3リットルの液体を腹に入れる。


下剤がまずすぎて水が素晴らしい味に思える。
効き目はあるようで、ものすごい下痢になる。2分に一回くらい出た。


1.4リットルくらい目でもう気持ち悪くなりギブ。
幸い便はもうほぼ透明くらいまで薄まったのでこれでOK。



13:00に病院へ行き受付。
手術着みたいなのに着替え、しばらく待つ。
14:00時、突然点滴が開始される。
何の説明もなく打たれたので患者間違ってね?と思ったが
一応腹の中が空っぽなので電解質とか入れるためらしい(あとで調べた)。


14:30、大腸内視鏡検査開始。

もう見えてるカメラが恐ろしい。太くね?

施術台に上がり、横になり胎児のような格好へ。
ケツに何か塗り、いざ挿入開始。


いや挿入は痛いとはいえ気になるくらいで大したことなかったのですが
大腸に空気とともにカメラが突入し激痛の開幕。

食べすぎたり何かに当たったり腹が張って痛い時のレベルを引き上げたような痛みが
下腹部全体や様々な個所を襲う。



先生「痛かったら言ってください」
俺「痛いっす!痛い!死ぬ!」
先生「ゆっくり深呼吸してください」

先生「少しずつ進めていきます、どうですか」
俺「痛い痛い!死ぬ死ぬ!ギブ!」
先生「ゆっくり深呼吸してください」

先生「奥の方まで来ました、もう少しです」
俺「いたたた!死ぬって!痛い!」
先生「ゆっくり深呼吸してください」




「痛かったら言ってください」ってなんとかしてくれるんじゃねーのかよ!

ひたすら呪文のように深呼吸を要求されました。
深呼吸で痛みが引くはずもなく、失神手前くらいで耐えてました。
涙も出かけてました。


治療による痛みだと分かっているので精神的には許容できましたが
これが自宅で何の前触れもなく原因も分からず起こった痛みだったとしたらたぶん死を覚悟する痛みです。


最奥まで到達し、送り込まれまくった空気を屁として排出するとようやく少しだけ楽に。
大腸の中の様子を見せてくれましたが瀕死でそれどころじゃありませんでした。


悪夢のような10分間の拷問が終わり
30分は安静ということで解放されました。
生きて無事帰ってきたことを30分間神に感謝してました。



検査結果は一週間後らしいですが、
とりあえず検査自体は無事終了。
無事じゃないけどね!!!



新年早々えらい目に遭いました。
もう二度とこの検査をしたくありません。

「先生(の腕)が悪かったんじゃないか」
「自分の時はそんなに痛くなかった」
という方もいらっしゃるでしょう。


しかしこういう地獄を見た人間がいたという事実を書き記しておけば
これから大腸内視鏡検査を受ける人に地獄のような責め苦を受ける可能性がある覚悟をさせてあげられるじゃないですか。



もし今後検査を受けることがあればこの事実をよーーーーく思いだして
願わくば俺と同じ地獄を味わってください。





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いすぃ

Author:いすぃ
ゲームを作ってたりゲームしてたり何もしてなかったりしてます

お仕事あれば請け負います。
ゲーム作ってみたい!とか初歩からプログラムやってみたい!って人もご一報ください。

ゲーム面白かったよ!
今後も応援するよ!などなどの意味で下記から心ばかりの支援をしていただけると本当に助かります。
Enty


twitter
ニコニココミュ
pixiv

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
kaunta-
検索フォーム
リンク
スポンサードリンク