ゲームの思い出「川のぬし釣り5 ~不思議の森から~」

釣りゲーって地味だけど楽しいですよね。











「川のぬし釣り5 ~不思議の森から~」
プラットフォーム:GBA
ジャンル:釣り




ぬし釣りシリーズはこれしかやったことがないので
SFC版などで既にある要素に今更突っ込んでたらご愛嬌。




stardew valleyでもルーンファクトリーでも
ろくに農作せずに釣りばっかして金を稼いでた俺ですが
元来わりと釣りゲーは好きです。
リアルでも少しだけやってたことがありますが
ミミズやワームはほんとに無理です。ねりエサで十分です。



盆休みに田舎に行き
近所のガキただおくんと池を見に行った主人公。
この池には主がいるという。
見よう見まねで釣りをしてみた主人公だが
大きな魚に引っ張られ池に落ちてしまう。
目覚めた主人公はさっきと同じような光景だが
全然違う別の世界に来てしまったのだった。



主人公の名前はデフォで渓太だったのですが
なんとなくやすおにしました。ハサキィ!




迷いの森的な構造になっている不思議な森を
不思議なリスを追い掛けながら抜けると
「ぬしきり村」に到着です。名前不穏すぎません?



村人は誰もいないようです。
リスを追い掛けていくと洞穴があり、
そこには唯一の生存者が。
有無を言わさず釣り道具を渡され「魚を釣ってきてよ」と頼まれます。
なし崩し的に渋々とその辺で釣りをすることになります。



魚を釣ってみると人間の姿に!
なんと泳いでいる魚の一部は元人間で
何らかの力で魚の姿に変えられてしまった
というのです。
釣り上げることで人間の姿に戻すことが出来ます


各地を巡りながら、魚になってしまった人間たちを助けてあげるのが
このゲームの目的
です。




さて、釣りをするにあたって「エサ」が必要になります。
最初はミミズを支給してもらえるのですが、
それが無くなったらなんとか調達しないといけません。
かと言って最初は店もありません。
どうするのか?


地面を調べると拾えます。
そりゃもうひたすら拾えます。
しらべる→ミミズを拾う→しらべる→ミミズを拾う
のループで絶滅するまで延々と拾えます。
この村の地面はミミズだらけということです。気持ち悪!!



釣りには針も必要です。
針は何度も使っていると壊れてしまうので
予備のストックが必要になります。
どこかで調達しなければなりませんが
最初は釣り具店もありません。
どうするのか?


地面を調べると拾えます。
ミミズより低確率ですが割とポンポン拾えます。
この村には至る所に針が落ちてることになります。
あぶねーよ!
というかこの村はミミズや昆虫が所狭しと闊歩し
針が至る所に落ちてる村ということになりますね。

死んでも住みたくないです。



まぁ何が言いたいかというとこのゲームの
基本的なアイテム入手手段は「地面から拾う」ということです。
サバイバリストの鑑ですね。




さて歩いてると時々段差から落ちるのですが
無慈悲にも「4のダメージ」とか表示されます。
まぁ高いとこから落ちたら足くらいくじくかもしれませんが
「4のダメージ」て…世界観にそぐわない感じがすごいです。



体力が無くなると力尽きてしまい
持っていた魚を失うのですが
そのためには休息を取る(寝る)か食べ物を
食べなくてはなりません。


さすがにミミズを食うわけにもいきませんし
釣った魚を食べたいとこですが序盤は食えません。
森で地面に落ちてる食べ物を拾ってくるか
村長の家(または宿屋)で寝るのがメインの回復法となります。
なおよろず屋でおにぎりやハンバーグが売っていますが
安値で寝て(村長宅と一部の宿は無料)全回復できるので
食いものシステムがほとんど意味を成してません。
魚を釣ると若干体力を消費しますがそれでも2~10くらいです。
10匹前後釣ってもまだ余裕があります。




魚を釣ることでレベルアップし
力や技術がアップしていきますが
このシステムも割と破たんしております。
最初の村で釣れるクソザコ魚と最後の方で釣れる大物魚から貰える
経験値がほとんど変わりません。

最初の村でザコを乱獲してればガンガンレベルが上がっていきます。
先に進んで苦労して魚釣りをする必要がまるでありません。


しかもレベルは30で打ち止めであり、経験値だけはどんどん累計されていきます。
実はまだレベル上がるんじゃないか?と思わせて30からは上がらなくなります。
能力基礎値がカンストしたらあとは余計な事をせず
指定の魚を釣るだけのゲームと化します。



釣りエサ、ルアー、釣り糸やリール。
結構色々なものが売っており
カスタマイズや色々と試したりするのが楽しそうに見えますが
初期の竿に大きめの釣り針付けてミミズをエサにしてればほぼ全ての魚が釣れます。
どうしても釣れない奴はエサを昆虫にしたり一番安いルアーにすれば釣れます。
コンプはアレかもしれませんが、クリアするだけだったら全く問題ありません。
風呂敷広げた歯いいけど全然活用できてないゲームって空しいですな…



釣った魚が稚魚だった場合
リリースすることで成魚になって今度大きな魚を釣ることが出来ますが
この要素も結構死んでますね…
最大サイズは完全に自己満足要素であり
特定サイズ以上の魚を所望されるイベントもありません。
魚が大きいほど売却額は上がりますが
そんなに買うものないしなぁ…



後半になるにつれてストーリーが雑というか
詰め込んだ感じになってしまいます。
中盤までは色々往復したりイベントを進めて
ようやく魚を釣って人々を助けるという感じだったんですが
最後の町はもうあっという間に釣りあげられる状態になり
ご丁寧にどの魚を釣ればいいかまでご教授してくれます。


最終的になぜ人々が魚になってしまったのかなどの
謎は解明されるのですが、なんか一部投げっぱなしです。
最初に出てきたリスの「キック(名前)」は相棒となり
主人公にくっついてくるのですが
こいつの正体?も若干匂わせといて
何の伏線回収もなくゲームが終わりました。
この辺はプレイヤーの想像に任せるってことなんでしょうかね…



ゲームクリア後、クリア前には行けなかったところに行くと
なぜか元の世界にいるはずの「ただお」と戦うことが出来ます。
釣り勝負とかじゃないです。
釣り道具や超能力を用いたガチの殺し合いです。
ものすごい混乱します。いきなりヒーローパワーとか出てくるし。
このことについてやバトル方法などは一切説明なしです。
勝つと木の実を貰えますがそんだけ!?って感じですね。



しかもこのただおのセリフがなんか怖いです。
なぜかたたずんでるただおに話しかける→「オレがみつけたんだ。」
たたかう→「きたいしてるわァ。」
体力半分くらいまで減らす→「オレァ、すぐに帰ってくるからよォ。」→幻影を身につけパワーアップ
主人公が負ける→「着いた!」
言っとくけどただおくんは5厘刈りにランニングシャツのただのガキです。


あとから気付くのですが、このセリフ群はオープニングでただおがしゃべってるセリフと
各行動に当てこめたもののようです。
(オレがみつけた:主がいる池を見つけたってのを教える時のセリフ
すぐに帰ってくる:釣り道具を持ってくるので一旦主人公から離れる時のセリフ など)
でもなんかこれだけしゃべられるとほんと意味深で怖いです。




結構ストーリー自体は面白かったので
もっと細かいことしっかりしたらいいゲームになったんじゃないでしょうか。
死んでる要素が多すぎます。俺一回も食いもの買ってないぞ…







時々思い出したようにまた何か書きます。



拍手ボタンでもポチっていってくれると喜びます

こちらの記事もよろしく。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

ミミズがあったよ!
あったよ!釣り針が!

でかした!
プロフィール

いすぃ

Author:いすぃ
ゲームを作ってたりゲームしてたり何もしてなかったりしてます

お仕事あれば請け負います。
ゲーム作ってみたい!とか初歩からプログラムやってみたい!って人もご一報ください。

ゲーム面白かったよ!
今後も応援するよ!などなどの意味で下記から心ばかりの支援をしていただけると本当に助かります。
Enty


twitter
ニコニココミュ
pixiv

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
kaunta-
検索フォーム
リンク
スポンサードリンク