ゲームの思い出「ロードオブアポカリプス」

アルカナの活性感じるんでしたよね?











「ロードオブアポカリプス」
プラットフォーム:PSP
ジャンル:ハクスラ、共闘




PSPでモンスターハンターポータブルが発売され
じわじわと人気を広げていき、MHP2~2Gの頃には
携帯機のモンハンがが絶大なブームとなっていました。
MHP懐かしいなぁ…今度書こう。



このモンハンブームに便乗する形で
たくさんの類似系「共闘ゲーム」が生まれました。
生まれたはいいもののあえなく死んだもの、
独自路線としてシリーズを築いたものもあります。
基本はどうしても「モンハンのパクリ」と叩かれてしまいますが
それでもなお共闘ゲーは出てきては死んでゆくのです。



モンハンが元祖じゃねえみたいないらんクソリプ(?)を避けるために書いときますが
どちらかといえばモンハンもファンタシースターオンラインの後追いのようなものであり
すべてがモンハンのパクリというわけではありません。




ロードオブアポカリプスも例に漏れずお手本通りの共闘ゲーです。
天下のスクエニが作った意欲作です。
この前に「ロードオブアルカナ」というのが出ており
本作はモンハンでいうとこの「G」、ゴッドイーターでいうとこの「Burst」に当たります。

つまるところ次回作ではなく拡張版(完全版)といった感じでしょうか。

ちなみにアーケードのTCG「ロードオブヴァーミリオン」のスピンオフです。



スクエニだから…とは言いたくないですが
基本的にシナリオはプレイヤー置いてきぼりです。
クリアした身なのでさすがに全容は理解しましたし
プレイ中にもちょっとずつ理解はしていきましたが
基本的に意味不明です。



大雑把に言えば
「異世界に飛ばされた主人公(元世界の王(国の王とかでなく))が
自分と契約した封印されている召喚獣たちを開放し自らの力を取り戻し
破滅へと向かっている世界を王の力で救う」

という厨二ストーリーです。スクエニらしいですね。
用語も展開も基本的に意味不明なので
ぼーっと眺めながらストーリーを進めましょう。そのうち何となく理解できます。




マップをうろつきながら雑魚を狩り、
そのクエストのボスを見つけては戦いを挑みます。
クエストボスのみエンカウント方式であり、
専用のバトルフィールドで戦うこととなります。


なお自分はやってませんでしたが前作アルカナでは
ザコ戦もすべてシンボルエンカウントで非常にテンポが悪かったそうです。

シームレス戦闘になってよかったね。



武器や防具を作るために敵を倒したり
その辺のアイテムを拾ったりして素材を集めます。
この辺はほかの共闘ゲーと一緒です。




モンスターたちは「コア」なるものを落とし
これが武具の生産、強化の上で重要になってきます。
ボスは倒せば無条件でコアやその欠片が取れますが
ザコ敵はそいつらのいるマップエリアが「活性化」している時でないと
コアを落としてくれません。活性化してても運です。
そもそもこの活性化エリアが基本的にランダムであり
活性化するも活性化が消えるもランダムです。
この辺の運要素が高すぎるのは何とかならなかったのか…
まぁ幸いにもザコのコアはそこまで大量に必要にならないのだけが救いです。




武器はいろいろありましたがとりあえず片手剣だけ使ってました。
アーツを付け替えることで繰り出せる技を変えられるのですが
中盤から衝撃波を飛ばす技だけ多用してました。
遠くから攻撃できるし部位破壊しやすいし便利です。

エレメンツという特殊効果や属性を持ったスキルもあるのですが
使い勝手やダメージがいまいちすぎてあんまり使ってませんでした。
後半に育てる名目でちょっと使ってたくらいです。


あとこのゲーム属性がややこしいです。
神属性とか不死属性とかありましたがまぁ俺が理解してないだけでしょうが
一目で何なのか理解しづらいしゲームクリアまで一切気にせずやってました。
属性関係なくその時一番強い武器強い防具でのごり押しプレイで無問題です。




ほかの共闘ゲーと違うところは
このゲームにはキャラクターに「レベル」が存在します。
シナリオ進行度に応じて上限はありますが
敵を倒すとHP上限などのステータスが上がります。
攻撃力等は上がらないのでその辺は武具をそろえるしかありませんが
Lvを上げていけば攻略が少し楽になります。
通常レベルリセットが当たり前の不思議なダンジョンに対しての
チョコダン2やポケモン救助隊って感じですね。
己のプレイヤースキルと知識を高めていってクリアを目指すハクスラ共闘ゲーに
レベルってのはいかがなもんかって感じですがまぁスクエニならしょうがないです(寛容)。



このゲームのテンポがよかったのは
大体どんなボスでも5分、かかっても10分あれば倒せてしまうところです。
多少の立ち回りは要求されますがサクサクゲームが進んでいきます。
とどめにQTE演出が入るのは鬱陶しいですが
これらのおかげで少し時間を短縮できたりもします。
下手すりゃ中盤でも倒すのに20分前後かかるモンハンと違ってここは評価できる点です。

ただしゲームクリア後の最終難易度はこうはいきません。
普通に15分~かかります。




モンハンは一人プレイだとパートナーがいませんが(最近はアイルーがついてきますが)
ゴッドイーターを筆頭にこのゲームもNPCがついてきてくれます。
NPCは若干アホですしクリア後難易度ではほぼ即死しますし
攻略wikiで連れてくなとまで書かれてます。
一応自分は(クリアまでwikiも見てなかったので)終始仲間たちと戦ってました。
回復してくれたりトラップ置いてくれたりは役に立ってましたよ。



で、その仲間はシナリオにかかわるキャラだけでなく
プレイヤーが物語に関係ないやつを雇用することもできます。
パーティからあぶれたキャラは指示をすることで
プレイヤーとは別にフィールドに繰り出しアイテムを回収したり
敵を倒したりのクエストを行ってくれます。
これを活用することで有効にレベル上げをしたりアイテムを集められます。


お金も集められますがこのゲーム最後までお金の使い道分からんかったな…
武器防具の生産強化もかなーり安値で可能なので尋常じゃなくお金が余ります。
フィールドでレア品を拾うと300円くらいに換金してくれますがリアルはした金です。



で、そのNPC派遣は便利なんですが
店があったりクエストを受注するマップとは別のとこでやらねばならず
10秒以上ロードで待たされます。

クエスト帰ってくるたびに派遣が終わってるので
クエスト終わる→そうだ結果確認しなきゃ…→10秒ロードマップ移動
→結果確認→また派遣手続き→町に戻るロード→次のクエスト
とかなり手間です。いやならやらなきゃいいんですけどやっぱもったいないですし…
せめて同じエリアにおいてほしかったですね、あとロード短くするとか…



まぁいつもこれですけど
終わってみれば結構楽しいゲームでした。いい暇つぶしになりました。
何度もやってるうちに敵のパターンを把握してきたり
素早く部位破壊を行えるようになるというのはこういった
アクションのハクスラの醍醐味でもあります。
普通のRPGなどと違ってプレイヤースキルの向上が実感できるというのはいいものです。
シナリオも意味不明ながら後になってわかる伏線がいろいろとあったり
ああなるほどそういうことか!というのもありこの辺はちょっとワクワクします。

ただあいつが事実上のラスボスだったのはちょっと…
小物感すごいし…声波平さんだし…


あと「アルカナ」が物語の核になるにもかかわらず
タイトルを「ロードオブアルカナ」から「ロードオブアポカリプス」にしてしまったせいで
タイトルの意味とかがいまいち「???」って感じです。




ところで最後にこのゲームのキャラデザですが…


loap_laura.png



頭でか!
なんでこれでGOサインを出した!?


loap_laura_skull.png



頭蓋骨こんなんですよ!







時々思い出したようにまた何か書きます。



拍手ボタンでもポチっていってくれると喜びます

こちらの記事もよろしく。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いすぃ

Author:いすぃ
ゲームを作ってたりゲームしてたり何もしてなかったりしてます

お仕事あれば請け負います。
ゲーム作ってみたい!とか初歩からプログラムやってみたい!って人もご一報ください。

ゲーム面白かったよ!
今後も応援するよ!などなどの意味で下記から心ばかりの支援をしていただけると本当に助かります。
Enty


twitter
ニコニココミュ
pixiv

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
kaunta-
検索フォーム
リンク
スポンサードリンク