いつまで経っても他の共闘ゲーがモンハンに勝てないとこ

久々の制作雑記外の記事ですがいつもとちょっと趣向を変えて。











最初に書いとくと別にモンハンageの記事ではありません。
ていうか4以降やってないし、Fやクロスはモンハンの名のついた何か別のもんだと思ってるので…



モンハンポータブルがヒットし、さらにそのあと
MHP2~2Gがメガヒットしたあのころ。
他のメーカーはこぞって「共闘ゲー」に参入しました。
まぁ、どこの業界でもありますね。何かヒットするとそれに乗っかる感じ。
パズドラヒット後に似たようなパズルゲームが出現しまくったのも思い出します。



特に特定のどれを取り上げるというわけでもないですが
大きいタイトルを例に挙げるならば
・ゴッドイーターシリーズ
・討鬼伝シリーズ
・ロードオブアルカナシリーズ
といったとこでしょうか。



どのゲームもやってみればモンハンとは違うのですが
画面構成が似ている、共闘(通信orNPC)して大きな敵と戦う、
後追いで出したという事実がある以上は
比較されてもしょうがないというかポストモンハンを狙って
便乗したといわれても仕方ないということだけはご理解を。


ちなみにこの前も書いたけどそもそもモンハンが
ファンタシースターシリーズに追随したモノであるということだけはまた書いときます。





長ったらしい前置きはこの辺で。
あくまで「軽い視点」でなぜモンハンが優れてるのか書いてみましょう。




まず、優れてるとこというか他のゲームと違うところとして
モンハンだけキャラだったNPCがおらず、大きなストーリーがありません。
上に挙げた三つと比較すると、モンハンだけNPCがついてくることもありません(オトモ等の例外除く)。



ストーリーを楽しみたい人にとってはストーリーが薄いというのは難点かもしれませんが
これによって余計なことを考えず純粋にアクション+ハクスラを楽しめます。
登場人物や、ややこしい用語を覚える必要もありません。

ムービーも(OPや新モンスター登場時とかでなければ)ほぼ挟まれることがないので
煩わしいことなくゲームプレイに集中できます。
純粋なゲームとしては喜ばしいことですし、時間のない現代人にはありがたいことです。


また、俺が年食っただけかもしれないですしもともと低年齢~それよりある程度上のプレイヤーを
ターゲットとしているため、正直ストーリーが(中二臭かったりで)見てられなかったりってのもあります。
なんかムービーやイベントを眺めてるとこっぱずかしくなってきます。



モンハンはとにかく「狩猟」というコンセプトがあるため、
否応なしというか特に理由がなくても敵を狩るということがプレイヤーにとって正当化されます。
実際はクエストで「増えすぎたから狩れ」とか「アイツの仇を」とかいろいろありますが
モンスターハンターの名を冠する通りその世界に放り込まれた時点で
モンスターを狩る動機があるわけです。




他のゲームはそうはいきません。下地がないからです。
ゴッドイーターが何の説明もなくアラガミを狩るゲームだったら意味わかりませんし
討鬼伝が何の理由もなく鬼どもを狩るゲームでもよくわからなくなります
(もっともゲーム黎明期にはそんなゲーム腐るほどありましたけど…)。

これらがモンハン式で村の人らに話しかけて「最近アラガミが増えてきたわね~」的な感じで
しれっと狩りに行く感じだったら味気ないものになるでしょう。
そいつらを狩る理由と世界観をきっちり説明するためにも
大きなストーリーはどうしても必要になってしまう
わけです。



また。これらが狩るのは便宜上でも「想像上の生命体(?)」であるからでもあります。
ランポスやリオレウスが架空の存在だとしても、それはその世界においての
「野生のモンスター(動物)」です。

人間界にも猟師漁師はいますから、生計のためにモンスターを狩る職業があっても
プレイヤーにとっても何ら不思議ではない
のです。


アラガミや鬼はその世界観においても「イレギュラーな存在」であるので
当然それを狩るのであればそれなりの機関の発足なども必要になります。
プレイヤーにその辺分からせるためにも敵をイレギュラー存在、排除すべき存在にした時点で
結構なストーリーは入れざるを得ない
ということになります。



まぁ正直大きなストーリーもなく
「この世界に「アラガミ」なる化け物が現れた!君はそれを排除するアラガミバスターだ!」的なノリで
外観だけざっと説明されて淡々とアラガミを狩っていって
モンハン式に淡々と進んでいくゲームがあったらそれはそれで楽しいかもしれません。


ただこうやってしまうと今度はNPCの参戦理由が薄くなってしまうんですね。
ストーリーにがっつり絡んだりイベントがあったりすることで
NPCのキャラはしっかり立っていくわけですから。





さて次ですが、こればっかりはモンハンの一人勝ちというか
なぜほかのゲームはこれを改善しないのか理解に苦しむ点、
「素材の分かりやすさ」です。



俺が初めてモンハン(発売したてのMHPでした)をやったとき、
採取が非常に楽しかったのを覚えています。
草が生い茂っている場所、大きな花が咲いている場所、
クモの巣が張っている場所、何か箱のようなものが置いてある場所。
何もアイコンなどは表示されませんが、明らかに怪しいっぽい場所で〇ボタンを押すと
キャラが足元をガサゴソしてアイテムを採取してくれました
(近年は親切にも近づいた時点でアイコンは表示してくれます)。



そしてそれは草花のところであれば「○○草」や「○○の実」
クモの巣であれば「クモの巣」や「虫の死骸」などを採取できました。


単純なことですがこれって直感的でめちゃくちゃわかりやすくていいことなんです。
なぜなら何らかの理由でクモの巣が必要になったときにクモの巣を調べに行けばいいんですから。
ハチミツがほしかったら蜂の巣を探して採取すればいいんですから。



さてここで一旦GE、討鬼伝、LoAの採取を見てみましょう。
フィールドの何でもないよくわからない場所が光ってます。以上です。



もうここが限界ポイントだと思います。なぜ示し合わせたようにこうなんでしょうか。
光るにしてもモンハンのように明らかに怪しい個所を可視化する意味で光らせればよかったのに
ほんとに何でもないフィールドの端っこがきらきら光ってるだけだったりします。
舞台が異世界の感じだから難しかったんでしょうか…
ほんとに「偶然そこにポツンと落ちてるものがあった」って感じです。



そしてここでもう一点、テーマにもした素材の分かりやすさ。
MHには「ネンチャク草」というアイテムがあります。
まずこの名前の時点で少なくとも「草(植物)だ!」ということがわかります。
そして、これを手に入れたければ「フィールドの草花を探してみよう!」となります。
「王族カナブン」というアイテムがあったら虫だとわかりますし
フィールドで虫網を振り回してみることを思いつくでしょう。

現実でそんなに草を採取したり虫を捕まえたりはしないにせよ
どうやったらそいつが手に入るかを想像することができますし、
実際その手段でそのアイテムを手に入れることができます。




さてGE討鬼伝LoAです。
異世界が舞台ということでそういった現実に即した草やら虫やらが思いつかなかったんでしょう。
出てくる素材は「アラミド繊維」「異形小判」「銀の金具」…
書いてあるものの意味は分かりますよ、ええ。繊維に小判に金具ですね。
さて、現実世界で繊維や小判や金具を探すとしたらどこを探せばいいでしょうか。
ええと…ゴミ箱?遺失物拾得所?



この時点でプレイヤーに対するヒントが大きく欠けています。
製作陣も頑張って素材を考え出したんでしょうけどちょっとこれは配慮にも欠けているというか…
現実から遠い設定の世界にしてしまうとこういった問題も起きますね。



さてそのうえでさらに都合の悪いことに、上でも書いたように採取ポイントがただ光ってるだけです。
仮にGEや討鬼伝の世界に「ネンチャク草」があったとしても
採取ポイントが光ってるだけだったらおしまいです。どこを探せばいいのかわからないからです。


さらにさらに、取れるものに整合性がありません。
光ってるだけだとしても実はそこはオイルが漏れ出ている場所で、
○○のオイルや××の液体が手に入る場所だった!というのならまだ救いようがあるでしょう。


ゴッドイーターのとあるフィールドのとある採取ポイントの情報を見てみますと
・木化石樹皮
・糸
・聖水
・モーリュ
とあります。
うん…なんというか…
まぁよりどりみどりというか一度そこでとれたのを覚えておけば
今度からそこでそれは取れるし上位種も手に入れやすいんでしょうが
なんとも脈絡がありません。
ある程度考えたうえで適当にアイテム分布を放り込んだように見えます。
ていうかモーリュってなんだよ…ってなりますし。


ただ、さすがのその辺ちょっとは考えてあるのか
モンハンの採掘のように鉱石的なものが取れるとこでは鉱石種のみが取れたりします。
と、一応擁護しておきます。


また、モンハンはアイテム名から地域も察することができる場合があります。
「アイシスメタル」「獄炎石」。
これらからどういったイメージを受けるでしょう?冷たい、熱い。
そしたらあとはもうそのイメージ通りです。
寒いフィールド「雪山」などに行って鉱石を掘ればいいですし
熱いフィールド「火山」などに行って鉱石を掘ればいいでしょう。


残念ながらほかのシリーズではこういったものはほとんどありません。
そもそも素材のごとくフィールドも意味不明(と言ったら失礼ですが)なので
そこから取れる素材を推察するのは不可能です。
GEはだいたいが廃墟や施設跡地だったりするので
機械部品ならここでとれるかな…みたいなのがほぼすべてに当てはまってしまいます。
まぁモンハンみたいな世界観じゃないと大きく特徴が変わるフィールドを
いくつも用意するのは難しい感じがあるでしょうね…

なおLoAはフィールドの区分けがうまくできているにもかかわらず
取れるアイテムがだいたいどこでも一緒です。
もったいない。



この問題に関しては本当にこれをクリアしない限りは
一生モンハンに勝てないと思います。
マジで。
超絶ディスアドバンテージです。
採取の楽しみなどなく、wikiに頼るのが一番ということになってしまいますし。
これがもし攻略本を売りたいがためのアレだとしたら浅はかとしか言えません。

もう共闘ハクスラバブルもはじけた感じがあるので
今後こういったゲームが出てくるかどうかはわかりませんが、
もしこの点がクリアされていないなら正直論ずるに値せずって感じです。




まだいろいろピックアップしたい点はありますがだいぶ長くなってしまったので
次の機会に持ち越します。
長々読んでくれてありがとう。






時々思い出したようにまた何か書きます。



拍手ボタンでもポチっていってくれると喜びます

こちらの記事もよろしく。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

プロフィール

いすぃ

Author:いすぃ
ゲームを作ってたりゲームしてたり何もしてなかったりしてます

お仕事あれば請け負います。
ゲーム作ってみたい!とか初歩からプログラムやってみたい!って人もご一報ください。

ゲーム面白かったよ!
今後も応援するよ!などなどの意味で下記から心ばかりの支援をしていただけると本当に助かります。
Enty


twitter
ニコニココミュ
pixiv

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
kaunta-
検索フォーム
リンク
スポンサードリンク