個人でゲーム作るときに大事な「妥協」②

前回の続きです。







前回は個人でゲーム作るならいい方向に手を抜け!妥協しろ!という話をしました
(主にキャラデザ等)。
今回はゲームシステム設計の話です。


前回のも合わせた話ですが
妥協の大前提として「自分の力量を見極める、弁える」ことが大事です。



ゲームを作りたいと漠然と考えてる人の中には
FF15やスカイリム並のRPG、モンハンみたいなアクションとか
そこまでいかないにしても牧場物語クラスのシミュレーションとか
東方みたいなシューティングとかにこぎつけたいと思っている人もいるでしょう。


もちろん目標はそれで結構です。
ただしそれは数十のステップをクリアして成長したうえでの最終目標です。
今ゲームを開始してレベル1の勇者は
いきなり中盤のダンジョンやラスボスに挑んだところで
ボコボコにされて何の経験値にもならない上に時間の無駄です。

まずは最初のチュートリアルを終わらせたり
近場の洞窟に挑んだりするべきです。



例えば、上で挙げたような
牧場物語的なゲームを作ろうとしましょう。
この時点で開発者はとりあえずゲームの基本は作れる状態だとします。


ああいったシミュレーションゲームで必要になってくる要素は何でしょうか?
まず、農作要素として野菜や果物等の作物が必要ですね。
さてどのくらい用意しましょうか。


3つでは少なすぎますね。
5、6個ではどうでしょう。少ないかな。
10個でも…少ない?


ここでいう少ないってのは何でしょう。
ボリュームのことを言っているんでしょうけれども
恐らくその基準は商業クラスやそれなりに大きな規模の同人ゲームクラスです。
個人でほいっと作るくらいであれば20でも多すぎます。




作物1個に対して必要になる要素はザッと考えて以下の通りです。
・売却価格
・成長速度
・内部数値(各個毎に異なるレアリティやグレードなど)
・作物の画像(3Dモデル)
・食べた時の効能
・料理等の使い道



これを20個ですか…考えただけで嫌気が差してきますね。
こういったものをたくさん実装できるのは基本的に大人数での制作だからです。
個人でこのくらい作ってる人もいますが並々ならぬ時間がかかってるでしょうし
ものすごい根気が必要とされるでしょう。



ここで
「でも10個じゃ少ない感じがするな…どうしよう」となってきます。
製作者が取れる行動は3つです。
①10個でもいいや!とりあえず作ってみよう!
②10個、或いはそれ以下でも十分なゲームシステムにしてみよう!
③このゲームシステムは諦めよう…

③を選択してしまうと悲しいので
ここはできれば①②のどちらかを選びたいところです。



ゲームを作る上で大切なのは
「まず完成させる」ことです。

理想のゲームも追い求めるのも間違ってませんし
それが最終的な正しい形ではありますが
あれやこれやとやってるうちに結局監視しないでは話になりません。

小規模でもいいのでまずは完成させて、遊んでもらうのが大事だと思います。
自分のゲームを知ってもらって、自分を知ってもらうならそれが一番です。



①を選んだ人にはそのままぜひ頑張ってもらいたいところです。
もし10作って余力があるようならそこで追加していけばいいのです。

②を選んだ人は、工夫のしどころです。
これが本当に大事な「妥協」となってきます。

10個に減らすという妥協を受け入れる代わりに
10個でも十分な、面白いゲームシステムを探すという工程です。


単に野菜を植えて収穫するだけのゲームでは確かに10個では少ないかもしれませんが
そうではないようにすればきっと十分になりえます。

ベースは10個でも内部で制定した数値やステータスによって
ある種全然別の作物のようになるとか
ただ収穫して売るだけではなく品評会に出すのを目標にしてみるとか
売る工程を工夫してそちらをメインに据えてみるとかすれば
10個しか作物がなくても十分ゲームは回ると思います。



自身の力量を考えた妥協が、システム設計の段階で大事になってきます。
高望みはせず、まずは実力に合わせたシステムを考える。
ちょっと実力を超過したゲームを作りたいのなら、実力の範疇に収まるように妥協する。



うまいこと落とし込めればモチベーション維持にもつながってきますし
開発がだらだらと長引いてしまうこともなくなると思います。
大言壮語も結構ですが、結果が伴わなければただのビッグマウスです。
完成を目指せる現実的なシステムを設計しましょう。



UIデザインの話もしたかったのですが
長くなったのと若干被ってるので次に続きます。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

大事なことですね・・・

ゲーム作りだけじゃなくて他のことにも広く、同じことが言えると思います

一回完成させてみんなに見てもらうっていうのはほんとに大事なことだと思います
プロフィール

いすぃ

Author:いすぃ
ゲームを作ってたりゲームしてたり何もしてなかったりしてます

お仕事あれば請け負います。
ゲーム作ってみたい!とか初歩からプログラムやってみたい!って人もご一報ください。

ゲーム面白かったよ!
今後も応援するよ!などなどの意味で下記から心ばかりの支援をしていただけると本当に助かります。
Enty


twitter
ニコニココミュ
pixiv

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
kaunta-
検索フォーム
リンク
スポンサードリンク